2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2012.03.21 (Wed)

「Ciel nosurge ~失われた星へ捧ぐ詩~」参加のお知らせ等

3月に入って寒さも和らいできたかなと思うと急に冷え込んだり
そう簡単には春は訪れてくれなさそうです。
とはいえ、街に出るとすでにショップの品揃えは
春いっぱいという雰囲気。
春色の品々を見てるだけで
ほんのりあたたかな気持ちになってしまう
分りやすい私なのでした(笑)

こちらでもTwitterの方でも大分ご無沙汰しておりました。
皆さま体調などのお変わりはありませんでしょうか。

私はといえばお仕事のほうはいくつかの山場を越えて
ようやくゆるやかなペースになりつつあります。
今日はもっぱら次の制作の準備として
デモ音源の制作や曲のアイディアを練っています。

ここまでTwitterなどでお話しする時間がなくて
しばらく水面下にもぐりっぱなしだったのですが
その間に色々な情報が解禁となっています。
この場にてご紹介させていただきますね。


【More・・・】

【1】PSVitaソフト「Ciel nosurge ~失われた星へ捧ぐ詩~」参加のお知らせ

すでにご存知の方もいらっしゃるかと思いますが
PSVitaソフトの「Ciel nosurge ~失われた星へ捧ぐ詩~」に
歌唱&作編曲にて参加させていただきました。

今作は歌曲の方だけではなく
ゲーム中のBGMの作曲の方にも参加させていただいています。
わりと沢山曲を書き下ろしているので
興味を持って下さった方は聞いていただけるとうれしいです!

とはいえ、このプロジェクトはこれからどんどん展開していく作品なので
BGMがサントラとしてまとまるのはかなり先になってしまいそうです…。
早めに歌曲やBGMをお聞きになりたい方は
ぜひぜひゲームをプレイしてみて下さい~。と、宣伝宣伝(笑)
アルトネリコに引き続いて、
シェルノサージュの世界も色々とすごいですよー!
世界観や設定が凝っているので曲を創っていて
本当に楽しいし良い経験をさせていただいています!
新言語がこれまたクセモノで(笑)、毎日が勉強だったりします。
新しい言語と格闘していると時々ヒュムノス語が懐かしくなったり(笑)
新しいけどどこか懐かしい世界に包まれて創作する日々なのでした。

早く皆さまに曲達を聞いていただきたいな、
沢山の方々がシェルノサージュの世界を楽しんで下さるといいな、と
発売を心待ちにしております。


▼「Ciel nosurge ~失われた星へ捧ぐ詩~」オフィシャルサイト
http://surge-concerto.jp/ciel/



【2】「ライラニア」コンセプトアルバムについて

6月27日に「ライラニア」コンセプトアルバムが発売となります。
昨年夏のライブ「ライラニア」の世界観を広げていった
コンセプトアルバムを予定しております。
ようやく正式にお知らせさせていただける状態になって
嬉しいです!
このアルバムとも連動する形でとある企画が動いています。
今そちらの準備も着々と進んでいるところです。
その節は発売日の変更などにより
ご心配をおかけしてしまい申し訳ございませんでした。

連動企画の中には新たな試みなども盛り込まれています。
皆さまに楽しんでいただける事を願って
あれこれアイディアを考えています。
詳細をお伝えできる日が今から待ち遠しいです!



【3】「Istoria~Kalliope~Orgel Collection」について

先日3月18日のイベントにて
「Istoria~Kalliope~Orgel Collection」が発行となりました。

アレンジャーさんはいつもお世話になっているL-M-Pさんです!
個人的にL-M-Pさんの優美なオルゴール調アレンジが大好きなので
出来上がったCDを楽しく聞かせていただいています。
今も聞きながら文章を書き中です~。

L-M-Pさんはいつもすごく面白い提案、というか仕掛けをしてくださって
今回も書き下ろしで「風のオルゴール」と「遥か遠き日へ」を
OP、EDとして、まるで神話の世界からオルゴールの世界へ誘われ
そして、最後に元の世界に戻るという
なんとも素敵な演出をしてくださいました。
いつもこういう音での仕掛けをあれこれ聞かせていただけて
勉強になるしとっても楽しいです!

皆さまにもぜひぜひカリオペのオルゴールの音世界を
堪能していただけたらとても嬉しく思います。


この「Istoria~Kalliope~Orgel Collection」が
Istoriaシリーズの最後のCD作品となります。
皆さまにも長い間お付き合いいただいたIstoriaシリーズとも
これでお別れかと思うと感無量です。

達成感もあるのですが、やはり寂しさも感じてしまいます。
とはいえ、CD作品ではないのですが
まだサブブックも控えているので
この寂しさをそちらの制作へのエネルギーに
転化して悔いが残らないよう頑張りたいと思います。

「カリオペの次は『Istoria~Kleio~』ですか?」
「他の姉妹のアルバムは出ないのでしょうか?」
などなど、お問い合わせ下さった方々もいらっしゃったのですが
ご要望にお答えできなくて申し訳ございません、、、

ムーサ姉妹神の中で一番有名でエピソードも多いのがカリオペです。
そのカリオペですらある程度神話の骨格&内容的にしっかりとしている
彼女メインのエピソードを揃えるのが至難の業でした。
そのために最終的にカリオペの血族にまつわるエピソードにまで範囲を広げ
掲載させていただいた次第です。

大きめの図書館の閉架書庫まで探してもこのような結果でした。
ましては知名度の落ちる他の姉妹達では
物理的にアルバム1枚の題材として足る神話数をそろえるのは
不可能に近いのではないかと思っています。

2,3行でこれこれ、こういうことがあった、
ぐらいのエピソードであれば見つかるかもしれませんが
それを物語として膨らませていくと神話というより
原形も怪しいほぼ創作になってしまうと思うので…。

こんなにも長いお時間お付き合いいただいたIstoriaシリーズですのに
さらにその先の展開までを期待していただけるというのは
これ以上ないぐらい光栄なことだと思っています。
制作者冥利に尽きます。
そのお気持ちが本当に嬉しかったです。

お問い合わせ下さった方々には
この場にて感謝の気持ちをお伝えさせていただければ幸いです。
本当にありがとうございました!


▼「Istoria~Kalliope~Orgel Collection」詳細ページ
http://www.vagrancy.jp/istoria_kalliope/kalliope_orgel.htm



【4】「IstoriaSubBook」について

3月末日にてKalliope&Musa連動の応募者全員プレゼント企画
「IstoriaSubBook」の応募締め切りとなります。
すでにご応募くださった方々に大感謝です!

冊子はB5サイズとなります。
特装版に収録のムービーにて使わせていただいている
アナザーイラストをフルカラーで掲載させていただいたり
制作秘話などが収録内容のメインとなります。
その他、トークイベント用に皆さまからお寄せいただいた
質問にお答えするコーナーも予定しております。

トークイベントでは時間の都合上
質問された方が多かった内容を
中心にお答えさせていただきましたが
実際は予想以上の多くのご質問を投稿いただきました。
すごくすごくありがたくて
皆さまのせっかくのご好意、その質問たちの多くが
このまま埋もれてしまうのは
もったいないし申し訳ないと思ったのです。

質問数および紙面の都合上、
全てのご質問にお答えするのは厳しいかと思うのですが
トークイベントにて取り上げなかったご質問を中心に
出来る限りお答えしていけたらと思っています。

まだまだご応募は十分間に合いますので
興味を持って下さった方は
月末までに応募してくださると嬉しいです!


▼応募詳細はこちらをご確認くださいね。
http://www.vagrancy.jp/istoria_kalliope/present.html



【5】「Istoria~Kalliope~」トークイベントについて

先日、3月2日にIstoria~Kalliope~の
「トークイベント」を開催いたしました。
当日は来て下さった皆さまのあたたかいお心のお陰で
終始和やかな雰囲気のイベントとなりました。
本当にありがたい限りです!

あのぐらいのキャパシティーの会場だと
舞台上から意外とはっきり皆さんのお顔が見えるんですよ~。
その距離感が皆さんと同じ空間でイベントを共有できている
そんな気持ちになれるように一役買ってくれている気がします。
個人的にそれがとてもうれしい事だったりします。

そして、イベント最後のクリアファイルのお渡し会で
短い時間ではありましたが
お一人お一人とお声を交わすことが出来て幸せでした!

会場さんのご都合で時間的制約が厳しい中
皆さんのご協力のお陰で特にトラブルもなく
お渡し会まで到達することが出来ました。
ありがたい限りです。。。。

今回のイベントで「Istoria~Kalliope~」の発売を待っていて下さった方々に
感謝の気持ちを少しでもお伝え出来たらと思い
企画させていただいたイベントだったので
実際に「ありがとうございます」とお伝えできた時には
感無量で胸がいっぱいでした。

当日生憎の雨模様の中イベントに来て下さった皆様、
残念ながらお越し頂くことが出来なかったけど
イベントの成功を応援して下さっていた皆様
イベントの開催を支えて下さったスタッフさん達
全ての方々に心より感謝申し上げます。
本当にありがとうございました!

また、色々な方々からのお心のこもったお手紙や品々を
受け取らせていただきました。
本当にありがたい限りです…。
イベントに来ていただけただけで十分すぎるほどなのに
そこまでお気遣い頂いてしまって
逆に申し訳ないばかりです。


ありがとうございました!


お名前等がなかったかたもいらっしゃったので
その方たちにはこの場で感謝の気持ちを
お伝えできればと思います。
お心遣いに心より感謝申し上げます。

頂いたメッセージ&お手紙は
作業の合間に心の栄養として
すこしずつ、ひとつひとつ大事に読ませていただいています。
一気に読んでしまうと先の楽しみがなくなってしまうし
もったいなさ過ぎるので
はやる気持ちをぐっと我慢しています(笑)。

皆さまのご好意にに少しでも報いる事が出来るような
そんな作品をお届けできるよう
この喜びを糧に精一杯がんばっていきたいと思います。



この他まだまだ水面下で進行中のプロジェクトが盛り沢山なので
そちらが早く形になって皆さまにお知らせできるといいな
と思っています。
お知らせできる段階になりましたら、ブログやTwitter等にて
告知させていただきますね。

お伝えしたい事が沢山あって、いつも長文になってしまい申し訳ないです。
ここまで文章を読んで下さりありがとうございました。


21:27  |  告知  |  TB(0)  |  CM(23)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

■管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2012.03.21(水) 22:33 |   |  【コメント編集】

■管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2012.03.21(水) 22:50 |   |  【コメント編集】

■管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2012.03.22(木) 13:28 |   |  【コメント編集】

■管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2012.03.22(木) 13:46 |   |  【コメント編集】

■管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2012.03.22(木) 16:06 |   |  【コメント編集】

■管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2012.03.22(木) 20:09 |   |  【コメント編集】

■管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2012.03.23(金) 16:37 |   |  【コメント編集】

■管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2012.03.24(土) 18:19 |   |  【コメント編集】

■管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2012.04.03(火) 15:24 |   |  【コメント編集】

■管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2012.04.04(水) 04:37 |   |  【コメント編集】

■管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2012.04.04(水) 22:53 |   |  【コメント編集】

■管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2012.05.26(土) 14:57 |   |  【コメント編集】

■管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2012.05.31(木) 23:33 |   |  【コメント編集】

■管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2012.06.01(金) 19:50 |   |  【コメント編集】

■管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2012.06.06(水) 21:33 |   |  【コメント編集】

■管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2012.06.20(水) 07:06 |   |  【コメント編集】

■管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2012.06.25(月) 18:10 |   |  【コメント編集】

■管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2012.06.25(月) 19:27 |   |  【コメント編集】

■管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2012.06.27(水) 00:22 |   |  【コメント編集】

■管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2012.06.29(金) 20:04 |   |  【コメント編集】

■管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2012.07.06(金) 23:48 |   |  【コメント編集】

■管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2012.07.11(水) 08:01 |   |  【コメント編集】

■管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2012.07.28(土) 17:07 |   |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://raka1025.blog78.fc2.com/tb.php/112-9e40e459

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。